相模原・多摩地域の注文住宅、新築分譲住宅、注文住宅のことならお任せ下さい。新築分譲住宅・注文住宅なら【株式会社アークホーム】(ARKHOME) ローコストながら機能・設備の充実した住まい、無料相談会開催中です
アークホームロゴマーク 株式会社アークホーム
定休日 毎週水曜日・第2火曜日
モデルハウス来場予約    カタログ請求
 神奈川県知事許可(般−30)第68352号
令和3年度 地域型住宅グリーン化事業 登録工務店
       こどもみらい住宅支援事業 登録事業者  
ホーム 会社案内 アークの家づくり 構造・性能・仕様 建設実績 販売物件 家造りのご相談
構造・性能・仕様 基礎

永く家を支える強固な基礎


 アークホームでは構造的にも強く、不同沈下に対して効果的なベタ基礎を採用しています。
基礎の上には換気性能に優れたキソパッキンを施工し、土台を組んでゆきます。
従来の工法に比べ、1.5〜2倍の換気性能を持つこの工法は、床下に基礎図こもりやすい湿気を排湿し、適度な乾燥を維持します。
換気によって湿度を最低限に抑えた床下で、床下断熱材は性能を劣化させることもなく、土台の腐れを防いで住宅の耐久度を高めます。 は幅や長さを仕様に合わせて調整でき、自由なデザインを実現させます。また、必要なサイズに加工いたしますので、現場で無駄なゴミが発生しません。
工期の短縮にも繋がり地球環境に優しい建材ともいえます。

ベタ基礎
基礎図 ベタ基礎は、従来の布基礎と比べ基礎
底面の面積が大きいので、荷重を分散させ
地盤やスラブに伝えることができ、不同沈下に
対する耐久性や耐震性を増すことが可能となる
基礎です。
 全面に鉄筋を配し、コンクリートで施工されたベタ基礎は、強度、耐久性にも優れ、
また、床下全面がを覆うので防湿対策にも効果的です。

不同沈下とは
 建物が同一に沈下せず、ある面が著しく沈下を起こすなどして不均等に沈んでしまうことです。
地耐力の不足、地盤の不均一性、建物の荷重の偏りなどが主な原因です。不同沈下が一定量を超えると建物の基礎や壁・梁にヒビが入ったり、ドアや建具の開け閉めの不具合、最悪は多々物自体が傾いてしまうなど大きな弊害が生じます。
 ベタ基礎は、不同沈下を抑得ることができる工法です。
尚、建設にあたり、地盤調査を実施することにより、必要に応じて地盤改良等の工事を必要とする場合がありますのでご相談下さい。

キソパッキンの施工による基礎構造比較 基礎図

従来の工法
基礎図
基礎に換気開口部を設ける必要がありに上端筋を切断するため基礎の耐力が低下します。地震に弱く、クラックの原因しやすく、強度・耐久性に問題があります。基礎と土台が接しているため、土台が腐る原因にななります。
  
パッキン工法
基礎図
基礎と土台の間が換気口なので、上端筋mp切断必要なく、力が均等にかかるので基礎が頑丈になります。
また、基礎と土台が離れているので土台が腐らず乾燥状態を維持されるので、耐久性に富みます。(従来工法に比べ1.5〜2倍の換気性能)
基礎図 基礎図





減震パッキン登場!(こちらは追加オプションです)                                  詳しくみる >
 この度、歪摩擦と静止摩擦のWブレーキで減震する減震パッキン「UFO-E」をオプションに追加いたしました。施工時、基礎と構造物の間に取り付けます。

◇ 大地震対応で性能が高い「絶縁工法」 ◇
地震力が建物に入る前に滑り、摩擦抵抗(ブレーキ)で300〜800galの加速度を減震します。
◇ コストが安い ◇
免震構造と同じ、絶縁工法でありながら、コストは免震構造の1/10に。
◇ 施工が簡単 ◇
大工さんの手でアンカーボルトに差し込むだけ。






   








マイホーム無料相談会 開催 予約はコチラから

アークホームの家造り
安心保証
建築実績



資料請求・無料相談会・ショールーム見学・モデルハウス見学
その他お問い合わせはこちらまで





arkhome 株式会社 アークホーム 
 〒252-0132 神奈川県相模原市緑区橋本台2-1-5
 TEL.042-775-0518 FAX.042-775-0519
プライバシーポリシー||アクセス
Copyright(C) Arkhome Co., Ltd. All right reserved